TOP > 性病に感染しても焦らない!

クラミジア、淋病など性病に感染してしまったら

性病に感染してしまったら

性病に感染してしまった場合を解説する医者

性病に感染してしまった場合、どこに症状があるのか、ということで診察する科が異なります。

というのも、クラミジアや淋菌はオーラルセックスによっても感染することから、症状が咽頭部にも現れることがあるので、性病の症状は性器部に限った病気ではないのです。

喉に症状がある場合には耳鼻咽喉科に、皮膚に症状がある場合には皮膚科に、性器に症状がある場合には泌尿器科、というような科でも診察をうけることが出来ます。

また、性病科という科もあり、最初から性病を疑っている場合には性病科への通院をオススメします。

病院での診察では、まず、いつ性的接触があり、いつからどんな症状が出始めたのか、というような問診があります。その後、病状を確認するために視診が行われ、その後に血液検査や尿検査が行われます。

インフルエンザにかかったかもしれない、というような時に鼻の奥に綿棒を差し込まれて検査されることがありますよね?それと同じように、性器周辺を綿棒で拭い、分泌物や菌を保有しているかどうかの検査をされることもあります。

クラミジアや淋菌などの性病であれば、尿検査や分泌液の検査で感染しているかどうかを判断することが出来ます。

性病は人へと感染してしまう病気でもあるので、症状がまだ現れてなくても感染の疑いがあるという不安を感じる場合には早めの受診をするようにしましょう。

検査キットで診断

性病検査キット

特定のパートナーがいるにも関わらず、別の相手と性行為をし、もしかしたら性病に感染してしまったかもしれない…そんなピンチの状況に置かれた場合、どうしますか?

先程も書いたように病院に行って診察を受ければきちんと性病なのかどうか、ということがわかりますが、病院に出入りしている姿をパートナーに見られた場合には修羅場と化してしまうかもしれません。

訳あって病院に通うことが困難、病院での診察が恥ずかしい、という人のために、検査キットというものがあります。検査キットでは非常に簡単に性病に感染しているのかどうか、ということを診断することが出来ます。

現在販売されている検査キットには、自宅で検査結果が分かるものと、検査結果が郵送や電話などで教えられるものとあります。もちろん両方とも病院に行くことなくきちんと衛生検査所で検査することが可能なので、こっそりと治療したいと思っている人には最適です。

検査キットを買っていることすらバレたくない、という場合には、検査キットの送付先を郵便局留めにすることもできますし、対面で検査するのは嫌だけど、きちんとした診察を受けたい、という場合には、メールやインターネット等で診察結果を確認出来る匿名検査も可能です。誰かに見られたくないと思っている人も多いので、このような検査キットを使用して、自宅で性病の検査を行う人が増えているのです。

検査キットの使用方法

検査キットの使用方法を解説する医者

クラミジアの検査キットは、男女共通して使えるものもあれば、女性専用の検査キットというものもあります。

まず、男女問わず利用できる検査キットについてご紹介します。

咽頭に感染している可能性がある場合には、うがい液によって検査します。この検査キットは、起床して飲食をしていない状態ですぐ摂取することが重要になります。そして、その日のうちに発送しましょう。

尿によっても検査する場合には、うがい液同様、起床後、最初の尿を採取し、その日のうちに発送します。尿検査に関しては学生時代に経験しているはずなので、誰でも簡単にできるでしょう。

問題は、男女で異なる検査キットです。

女性専用の検査キット女性器を調べる場合には、膣分泌物を検査します。膣内に綿棒を入れ、綿棒に付着した分泌物を検査する、というものになります。この検査キットを使用する上での注意点は、生理中や性行為直後には使用しないことです。また、塗り薬等を使用した状態で採取すると、きちんとした検査結果が出ないことがあるので、使用する際には注意しましょう。

薬の処方の仕方

薬を処方する医者

薬というのは決して安いものではありません。けれども、自己判断で使用する薬を決定するのは不安、という人も多いと思います。全然効果のない薬を飲み続けていた、なんて事態を招いてしまうのだけは避けたいですよね。かといって、通院できるほど余裕もないし……というような人は、まずは病院に行って正確な診断結果を受けましょう。

そして、まずはその症状に効果のある薬を処方してもらいましょう。

最初はその薬を服用します。そして仮に、処方された薬の量では足りなかった場合、または再発してしまった場合には、その症状にはどういった薬が必要なのか、というのはもうすでに把握していることになるので、わざわざ病院に行かなくても通販サイトから同じ薬を購入するようにすればよいのです。

何回も病院に通うことは負担にもなってしまいますし、同じ薬さえ手に入れば、というような状況もあると思います。

病院と通販サイトを上手に活用することで、精神的にも経済的にも楽になるでしょう。