TOP > クラビットで治療

クラビットでクラミジアを治療する方法

クラミジアの治療薬

ジスロマックのパッケージ

クラミジアという性病は、日本で最も多い性感染症ということは冒頭でもいいましたが、その理由として感染者が10代後半から、という非常に若年層だからなのです。

性行為に関して興味を持ち始め、盛んに行う年代でもあるので、確率的に高い、ということももちろんあります。

十分な知識がなく、予防もしないために感染してしまう、というような人も多くいます。

そして、クラミジアの厄介なところは、感染しても症状がほとんど出ないために、自分自身で感染したことに気付かず、どんどん感染を拡大してしまうのです。

もちろん、特定のパートナーがいる場合に、双方他の人と性行為をしないというような人であれば2人で感染はとどまりますが、そうもいかないという方も多いでしょう。

不特定多数の人と性行為に及ぶことがあるという方が感染してしまった場合、人から人へと感染を広げていってしまいます。

そのクラミジアに対抗する薬がクラビットなのです。

クラビットは安価で、なおかつ通販サイトからも手に入るということで、若年層も非常に買いやすいということもあり人気が出ています。

クラミジアの治療薬として、クラビットと並んで代表的な「ジスロマック」という薬もあります。

クラビットがニューキノロン系抗生物質であるのに対して、ジスロマックはマクロライド系抗生物質になります。

ジスロマックも主に感染症の治療に用いられます。

副作用に関してもクラビット同様、ほとんど出ることはありません。

しかし、クラビットのほうが人気があるのです。というのも、ジスロマックは1錠あたりの価格がクラビットよりも200~300円ほど高く設定されているのです。クラビットのほうがお手頃に買うことができることもあり、効果も同じなのであれば安い方を!と、クラビットを求める人が多いのです。クラビットは病院でも処方されるような薬なので、若年層に限らずあらゆる年代の人に対して効果を十分に期待できるものです。

なぜクラミジアに効果的なのか

クラミジアにも有効なクラビット

クラミジアの治療薬として、クラビットが有効なのはなぜなのか、というように思う人も多いと思います。

クラミジアの症状、というのは感染してから1週間程度経った頃に症状を感じ始めます。最初はむずむずする程度ですが、だんだん痛みに変わります。

しかし、激痛を伴う場合もあれば、全く何も感じない、というような場合もあります。

感染者の半数がこのような自覚症状を感じることなく、治療もしないという状態が続いてしまうのです。

このクラミジアは、人の細胞の中で増殖を繰り返す微生物になります。

クラビットの作用、というのは、細胞の複製を阻害し、細胞を死滅させる、というものなので、クラミジアの症状を抑制することが出来るのです。

また、クラビットを服用し、実際に体内でどれくらい作用するのかという実験によると、なんと90%以上作用しているという結果が出たのです。

経口薬であるにも関わらず、注射薬と同等の効果を持つ、非常に優秀な薬なのです。

どういう作用があるのか

クラビットがクラミジアにも効果的なのを説明する医者

クラビットがクラミジアに効果的な理由として、クラビットが持っている作用が関係してきます。クラミジアなど、早期治療が求められる感染症に関しては抗菌薬を用います。というのも、抗菌薬には細菌を死滅させる作用があるからです。

抗菌薬は選択毒性という性質を持っており、その名の通り、人のもつ細胞には作用せず、細菌に対してのみ作用する、というものになるので、身体の細胞を害することなく病原菌となる細菌を死滅してくれるのです。

そして、クラミジアの細胞というのはグラム陰性菌という分類に属します。そしてクラミジアの細菌は他の細菌とは異なる増殖方法をすることもあって、適応する薬が少ないというのが現実です。

しかし、クラビットは適応症が多いことからもわかるように、さまざまな細菌に対して効果があるので、この厄介なクラミジアの細菌にもしっかりと効果を発揮してくれるので、クラミジア治療に最も用いられている治療薬なのです。

クラミジア治療に必要な時間

クラミジア治療に必要な時間を説明する医者

クラミジアの治療、というのは一定期間継続して行うことが最も重要になります。きちんと服用しきらなけば、クラミジアの細菌が残ってしまい、症状の悪化を招きます。

しかし、薬を服用するという、いたって簡単なことでもうっかり飲み忘れてしまったり、というようなこともあると思います。

また、通院するとなるとやはりスケジュール的に行くことが出来ず、一旦中断してしまう、というようなことも起こってしまうでしょう。

しかし、クラビットは服用後長い間体内で作用するということもあり、1日1回服用し、それを1週間程度継続して服用すれば完全に治療することの出来る薬なのです。もちろん、個人差や発症している症状によっても期間は異なりますが、最短の場合には3日間服用するだけで完治することもあるのです。

このように、クラビットは比較的短期間で治療することが出来るので、症状に悩まされる時間も短く、なおかつ治療にかかる費用や時間など、いろいろなことにおいて負担をかけにくい薬なのです。