TOP > 抗菌薬と抗生物質を知ろう!

抗菌薬と抗生物質の違い

抗生物質とは違う!抗菌薬とは

抗菌薬

クラビットは、「抗菌薬」という薬に分類されます。日常生活でも抗菌、という言葉は目にすることが多いでしょう。近年の日本では清潔感や安全性を重視する傾向にあり、あらゆるものに対して抗菌という言葉が使用されています。洗剤などでも抗菌作用を売りにしているものも多く、その単語に惹かれて購入する人も多いのではないでしょうか。

そもそも抗菌とは、その名の通り、菌に対抗する、という意味を持ち、有害な細菌の発生、増殖を防ぐことを指します。そして抗菌薬は、細菌による感染症の治療に用いられる薬品のことをいうのです。抗菌薬は、細菌にのみ働く薬なので、ウイルスには効果がありません。よって、感染症とひとことにいっても、細菌によるものなのか、ウイルスによるものなのか、ということで抗菌薬が効くか効かないかが分けられます。

よって、その病気の原因が何なのか、ということが感染症治療に必要な抗菌薬を選ぶのに重要なことになるのです。

抗菌薬は処方された分は最後まで使い切る、ということが最も重要になります。というのも、最近抗菌薬に抵抗する「耐性菌」というものの出現が危険視されているのです。クラビットに限らず、抗菌薬を処方された場合には、きちんと使い切ることを心がけましょう。

また、クラビットはあらゆるものの影響を受けやすい、ということを説明しましたが、一般的な抗菌薬の効果も血中濃度、血液への吸収率、感染部まで行き届く量、代謝、排泄などでも左右されるという特徴があり、生まれつきの体質や、病気、年齢、使用している薬などの影響を受けやすいのです。

これによって、期待している効果を十分に得られないということも起こりうるので、医師の診断を受けて薬を利用することが重要になってくるでしょう。

抗菌薬の種類

抗菌薬について説明する医者

抗菌薬には2種類あります。

まず、「天然抗菌薬」というものです。微生物が作った化学物質のことで、またの名を「抗生物質」ともいいます。生物による合成と化学的な合成を組み合わせて作られた半合成抗菌薬も、この天然抗菌薬に含まれます。天然抗菌薬の種類としては、アミノグリコシド系、ポリペプチド系、グリコペプチド系などがあります。

アミノグリコシド系の抗菌薬は抗結核作用のあるストレプトマイシンや、抗緑膿菌作用のあるゲンタマイシンなどさまざまな種類があります。

特にストレプトマイシンは世界で初めて結核の治療に用いられた抗生物質です。

今は結核にかかる人が少ないので身近に感じないかもしれませんが、黄色ブドウ球菌や大腸菌などさまざまな菌に対して効果を発揮します。

一方、「合成抗菌薬」という物質は、近年の医療技術の進歩によって、自然にではなく化学物質を作り出すことが可能になりました。それによって作り出されたものです。この合成抗菌薬というものは、人の手によって人工合成されて作られた化学物質で、病原微生物に対抗する力を持っています。クラビットに含まれているニューキノロン系は、この合成抗菌薬の方に含まれます。

レボフロキサシンはニューキノロン系の第3世代に分類されます。現在では第4世代のニューキノロン系抗菌薬もあります。

ブドウ球菌やレンサ球菌、レジオネラなど幅広い菌種に効果を発揮するガレノキサシンなどが第4世代にあたります。

抗生物質とは

抗生物質

では、天然抗菌薬の別名「抗生物質」とは一体何なのか、ということについてご紹介していきたいと思います。

抗生物質とは、微生物が他の微生物に対して増殖を阻害したり、死滅させたりすることで、人体に有害な細菌や微生物を殺菌する効果のある物質のことをいいます。抗菌薬と同じような働きをしますが、抗菌薬は細菌にのみ働く物質であるのに対し、抗生物質は抗がん剤や抗ウイルス薬、抗真菌薬なども含みます。

世界で初めて発見された抗生物質というのは、青カビの中にあったペニシリンです。今まで治療法が存在しないといわれていた梅毒に効果を発揮したこともあり、ペニシリンは医療界に革命を起こすほど、世紀的な発見だったのです。その後はさまざまな抗生物質が発見されるようになり、今では約100種類もの抗生物質が実際に医療現場に取り入れられています。

抗生物質は、抗菌薬のように万能にどんな感染症にも効果を発揮する、というものではなく、抑制効果や殺菌効果などが異なるため、効果のある菌とそうでない菌が分かれています。症状が明確な場合にはどの抗生物質を使用するか、ということを判断することが出来ますが、そうでない場合には検査する必要があります。個人で判断して使用する、ということはなるべく避けたほうがいいでしょう。

抗菌薬と抗生物質の違い

抗菌薬と抗生物質の違いを説明する医者

かつては、感染症といえば細菌によるものが多く、抗生物質といえば抗菌薬のことを指す、というような状態でした。しかし、細菌以外のウイルスや真菌などの感染症が世間的に知られるようになり、そういったものに対する抗生物質が作られるようになりました。それによって作られたのが、抗ウイルス薬や抗真菌薬です。

つまり、抗菌薬という言葉ではくくることが出来なくなったので、抗菌薬の中に抗生物質という分類を作った、ということになるのです。

ペニシリンでいうのであれば、抗菌薬でもあり、抗生物質でもあります。反対に、化学的に作られたニューキノロン系は抗菌薬であり、抗生物質ではありません。抗生剤、というような言葉もよく耳にすると思いますが、これは抗生物質によって出来た薬のことなので、ご注意ください。

特に、抗菌薬や抗生物質に関してこだわりがない、というような人は特に気にしながら購入する必要もないと思いますが、一応似ているが正式にはやや異なる、ということだけでも頭に入れておくといいでしょう。