クラビットの効果と副作用

万能すぎる!?クラビットの効果

クラビットのパッケージ

日本で最も感染率の高い性病である「クラミジア」。

このクラミジアの治療薬として非常に人気のある薬が「クラビット」です。このクラビットはクラミジアに対して高い効力を発揮するだけでなく、淋菌治療としても利用されています。

また、性病以外のさまざまな感染症に対してもこの薬は処方されます。感染症は非常に厄介で、早期治療をしなければ、あっという間に人へとうつしてしまうので、早期に治療することが必要になります。その点においても、クラビットのような効果の高い医薬品は有効だと言えるでしょう。

クラビットは、インフルエンザの治療薬としても処方される場合があります。基本的に、感染症治療には通院が必要不可欠になりますが、クラビットの服用だけで治療することができる感染症もあります。

また、クラビットは服用薬なので、感染者の治療に対する負担を軽減することで人気が出ている薬でもあります。また、入手方法によっては非常に安価で購入できるので、性病感染をしがちな若年層でも気軽に手に入れることが出来ることも人気の理由の一つです。

ここでは、クラビットという薬の可能性、なぜ売れているのかということをご紹介していきたいと思います。

クラビットの主成分とは

薬の成分を説明する医者

クラビットの主成分は「レボフロキサシン」というものです。聞き馴染みのない物質名だとは思いますが、多くの人がこの物質を服用したことがあるはずなのです。

というのも、このレボフロキサシンはニューキノロン系の抗生物質で、錠剤や点眼剤として病院でも処方されるものになります。風邪薬などを病院で処方されるとき、「抗生物質」という名前を耳にすると思います。そこにもこのレボフロキサシンが含まれていることが非常に多いのです。

最近では、飲み薬や目薬だけでなく、注射型としても製造の許可がおりるほど、レボフロキサシンは信頼の厚い抗生物質として医療現場でも取り入れられています。

レボフロキサシンの作用としては、細胞のDNA複製を阻害することで、病原菌となりうる細胞を死滅させるという殺菌作用が期待できます。感染症は、細菌やウイルスが人から人へと感染して症状を発症する病気なのですが、主に吹き出物や発赤、かゆみ、発熱などといった症状が生じます。このレボフロキサシンに含まれる殺菌作用で、体内に侵入した細菌やウイルスを死滅させることで、感染症により発症している症状を抑制させるのです。

ニューキノロン系のレボフロキサシンを含む抗菌薬は効果を発揮するために、ターゲットとなる箇所に移動する必要があります。レボフロキサシンは腸から吸収した後、血液中へと移行し、各組織へと効率よく移行します。よって、体内のいたるところの細胞に関与することができるのです。

また、レボフロキサシンはグラム陽性菌とグラム陰性菌の双方に活性がある、ということもあり薬効範囲が広く、何か特定の物質に対して効くタイプの物質ではないので、さまざまな病気に関して非常に高い効力を期待することができるのです。

適応症は何がある?

適応症の種類の多さを解説する医者

クラビットは適応症の種類が非常に多い、という点でもかなり優れている薬であるといえます。一つの薬に対して特定の症状に作用する、というのが通常の医薬品ですが、クラビットに関しては含まれているニューキノロン系の抗菌薬は殺菌作用があるということで、あらゆる症状に対して作用してくれるのです。

適応菌種としては、よく知られているものではブドウ球菌属、肺炎球菌、腸球菌属、大腸菌、赤痢菌、サルモネラ菌、チフス菌などがあります。主に感染症に関する病原菌に作用するので、そういったものが流行りやすい時期には非常に重宝する薬です。

そして、クラビットの適応症としてはこれらの菌が原因で起こる感染腸炎などの病気のみならず、肺炎、乳腺炎、扁桃炎、気管支炎、副鼻腔炎、膀胱炎、前立腺炎、尿道炎、外耳炎、中耳炎、子宮内感染というように、全身のいたるところの病気に作用します。また、アクネ菌というニキビの原因菌に対する殺菌作用も持っており、ニキビケアにも効果をもたらす、というようなこともあります。

もちろん、ただ効果をもたらす可能性がある、というだけではなくその実績も保証されています。肺炎に関しては、肺炎の原因となる細菌すべてに効果があるということもあり、クラビットが肺炎に効果をもたらす確率は90%を超えるという調査結果が出ています。

このように、誰にでも日常起こりうる可能性のある病気にも効果を発揮してくれるので、持っていて損はない薬でもあるといえます。

副作用について学ぼう!

他の医薬品との関係性

副作用が出てしまった患者

薬には併用しなければ効果が出ないものもあれば、クラビットのように他の医薬品との併用が禁止されている薬もあります。

クラビットと併用してはいけない薬の代表例は、解熱剤や鎮痛剤として人気のある「ロキソニン」です。ロキソニンはドラッグストア等でも薬剤師がいれば購入することができ、一応注意事項等は伝えられますが、しっかりと聞いている人というのはほとんどいないのが現実でしょう。しかし、ロキソニンは薬としての効力が非常に高いので、薬剤師の説明や注意事項をしっかり読んでいなければ大変な事態を招きかねません。

クラビットとロキソニンは併用して服用すると、神経の興奮を抑える働きが阻害されてしまい、痙攣を引き起こしてしまう可能性があるのです。医師の診断により、まれにロキソニンとクラビットが同時に処方されることもありますが、医師の判断による場合以外に併用することは非常に危険です。

また、イブプロフェンやジクロフェナクというような成分を含む薬も危険です。イブプロフェンはロキソニンに限らず、普通の風邪薬にも含まれています。基本的には医師による適切な診断を受けていない場合には、クラビットは他の薬と併用しないことをオススメします。

クラビットの副作用

クラビットの副作用が出てしまっている女性

クラビットを服用することで副作用が起こる可能性というのはごくわずかで、1%を切る程度です。副作用が非常に少ないということでもクラビットは非常に人気のある薬なのです。

しかし、まったく副作用が起こらないというわけではもちろんありません。クラビットの服用で起こりうる可能性のある副作用というのは、軽度なものでいえばかゆみ、めまい、しびれ、発疹、下痢、吐き気、頭痛、不眠などがあります。こういったものは数日もすれば症状がひくので、そこまで心配する必要はないでしょう。しかし、重篤な副作用が出ることもごくまれにあるのです。

呼吸困難を引き起こすアナフィラキシー、皮膚粘膜眼症候群、急性腎不全、肝機能障害、嘔吐や食欲不振を伴う黄疸、血小板の減少など、命にかかわるような副作用も起こりえます。

こういった症状は、クラビットの成分による副作用だけが要因ではなく、クラビットを服用する際の身体状態などさまざまな要因が関わってきます。

もともと持っているアレルギーであったり、現在患っている病気、身体的な不調などがこういった重篤な副作用を引き起こす要因になるのです。なので、薬を服用する際の自分の体調に関してしっかりと把握しておくようにしましょう。

困ったときには病院へ

病院に行くことをお勧めする医者

自分自身で薬を選ぶ、ということはやはり不安になることも多いと思います。

クラビットのように飲み方ひとつで副作用が発症してしまう薬は、正確な飲み方をしなければ危険でもあります。

薬によって副作用を感じた場合には、迷わずすぐに病院に行くようにしましょう。

クラビットは副作用が起こる方が珍しいと言われているので、起こってしまった場合にはもしかしたらなにかしらの病気を発症している可能性もあるのです。

早期発見により早期解決できる病気も多いので、早めの診断をオススメします。

また、すでに記述したように、クラビットには併用に注意すべき医薬品がたくさんあります。鎮痛剤や風邪薬以外にも、鉄やマグネシウム、アルミニウムなどを含む胃腸薬などの医薬品と併用することで、クラビットの効果が下がってしまう、というようなこともあります。

クラビットはあらゆる感染症に効果がありますが、その反面注意すべき点がたくさんあるので、不安に感じる場合には医師の相談をうけたうえでクラビットを服用するようにしましょう。

副作用が起こらないように注意する事

副作用が起こってしまった男

クラビットは副作用が起こる可能性が非常に低い、ということをご紹介しましたが、その副作用が起こる可能性をもっと下げるために重要なことは、やはり用法用量をしっかりと守ることが重要になります。正しい方法でクラビットを服用すれば、副作用による影響をうける可能性も格段に低下します。

また、クラビットを服用してはいけない状態の人が服用してしまうということは、副作用を引き起こす可能性をかなり高める要因になります。

たとえば、腎機能障害を患っている人がクラビットを服用すると、副作用を引き起こすだけでなく、症状を悪化させてしまいます。

特にアレルギーや病気を患っていない場合でも、妊娠中の女性や幼児、高齢の人が服用する場合も注意する必要があります。

妊娠中の女性はクラビットをなぜ服用してはいけないのか、というと、妊娠中にクラビットを服用することの安全性が確立されていないからです。

動物実験に関しては問題ない、という診断が出ていますが、妊娠中の女性に対しての実践経験がなく、副作用が出ないかもしれないし、出るかもしれない、というような状態であるからです。その副作用が妊婦に出るのか、胎児に出るのか、というようなこともわからないので、使用してはいけないというような決まりになっているのです。

クラビットに限らず、妊娠中の女性はあらゆる薬の服用を禁止されていると思うので、万が一のことを考えてクラビットも服用を避けるようにしましょう。

また、高齢者の場合には、副作用に対しての免疫力が低下しているため、軽い症状でも発症することで大きな病気に繋がってしまったり、命を危険にさらされる可能性があります。なので、医師に処方された場合以外には使用しないようにしましょう。

クラビットは薬による効力が高い分、注意すべきことも多いので最初は難しく思うかもしれませんが、注意事項さえ守れば安全に効果を発揮してくれる薬なので、守るべきことはしっかりと守るようにしましょう。

正しく服用しましょう

クラビットの用法用量

クラビット

クラビットには、用途によって容量をかえる、という必要があります。錠剤でいうならば、クラビット錠250㎎、クラビット錠500㎎が最近では主流になっています。

この㎎で表されているものは、薬に含まれている主成分の量になります。基本的に、成人の場合、錠剤は500㎎を1日1回服用しなければならないので、250㎎ならば1回2錠、500㎎ならば1回1錠、というような使い方になります。

1回で500㎎ならば、250㎎はややこしいからなくてもいいのでは、と思う人もいるかもしれませんが、場合によっては750㎎分服用しなければならないこともあるので、自分の症状に対する容量分を服用できる方を購入するようにしましょう。

錠剤は何㎎、というような表示でしたが、点眼液は0.5%、1.5%というような表示の仕方になります。こちらは両方とも1回あたり3滴投与することが必要になります。

つまり、点眼液は強さが異なってくるのです。点眼液を使用する場合には、最初は医師の診断により処方してもらうのがいいでしょう。

そして、細粒、いわゆる粉薬は10%というように販売されています。

こちらも錠剤同様、500㎎必要になります。なので、細粒が2.5gの場合、その10%分主成分が含まれているので、主成分の容量は250㎎になります。

つまり、1回の服用に2袋分必要になる、ということなのです。

クラビットは薬の容量や形状によって、服用方法が異なってきます。

しっかりと用法用量を把握していなければ、過剰摂取になってしまったり、逆に容量が少ないために服用しているのに薬の作用が発生しないというようなことも起こってしまいます。

また、服用のタイミング、というのは、通常の薬だと食後・食前というように決められていますが、クラビットの場合には空腹時を避けること以外に特に決まりはありません。空腹時に服用すると、薬の効力が強まってしまい、予期せぬ副作用を引き起こしてしまう危険性があるのです。

1日1回、決まった時間に服用する、というような飲み方をすればいいので、自分自身で飲み忘れをしないような時間帯を設定しておくといいでしょう。

服用の際の注意点

薬を服用する患者

クラビットを服用する際には、使用上の注意をよく読むことが非常に重要になります。というのも、先ほども説明したように、薬の飲み方でも副作用が起こりうる可能性があるからです。

クラビットのように薬効範囲が広い抗菌薬は、使えば使うほど体内で耐性菌が出来てしまうという大きな欠点があります。

どんな感染症にも効く、ということで高頻度で使い続けてしまうと、効かなくなってしまう時が出てくる危険性もあります。安易にクラビットを使うのは避け、本当にその症状にクラビットが必要なのかということを見極めるようにしましょう。このことが、耐性菌を作らないことへも繋がるので、発症した時には自己判断ではなく、医師に頼ることも重要になってきます。

また、胃酸を中和する作用のある薬と併用してクラビットを服用すると、効果を発揮することが出来ない場合があるので、そういった薬を摂取した場合には1,2時間ほど空けてからクラビットを服用するようにしましょう。他にも、血流を改善する作用のあるワルファリンという薬も要注意です。併用することでワルファリンの効果が強くでてしまうという危険性があるので、他の薬やサプリメントなどとの併用には注意しましょう。

服用期間

服用期間について説明する医者

クラミジア治療としてクラビットを利用する場合、一週間から二週間程度は継続して服用する必要があります。病院やクリニックで薬をもらった場合には、処方されたものはすべて飲みきらなければなりません。個人的な判断で治ったと決めつけ、途中でクラビットの服用を中止してしまう、というようなことをしてしまったら、クラミジア再発の原因になってしまいます。服用期間はしっかり守るようにしましょう。

また、気管支炎の治療としてクラビットを利用する場合には、クラミジア治療とは異なり、4日から7日程度の服用で十分効果を期待できます。気管支炎の場合には、2日間くらいで目に見える効果を感じることができるので、それでも効果がない場合には薬を容量の大きいものに変更するか、医師に相談することが重要になります。

このように、クラビットは適応症が多いこともあり、どの症状の治療にクラビットを利用するかによって服用期間も変動してきます。一概に最低何日は服用しなければならない、というようなことは言い切ることはできないので、再発防止のためにも服用期間には注意しましょう。

ジェネリックもあります

クラビットのジェネリック医薬品

LQUINのパッケージ

近年、ジェネリック医薬品が日本で非常に人気があることをご存知でしょうか。今まで利用していた薬をジェネリック医薬品に変える人も急増しているほど、人気も実績も兼ね備えた薬なのです。

そして、クラビットにもジェネリック医薬品が開発されています。

人気の理由は実績だけでなく、ジェネリック医薬品の最大のメリットも関与してきます。

そのメリットというのは先発医薬品の半額以下で購入することができる、ということです。

そんなに安価で購入できるのは薬の質が下がってしまっているからではないか、というようなことを心配する人も多いようですが、決してそんなことはありません。

ジェネリック医薬品というのは、製薬会社が新しく開発した先発医薬品、いわゆる新薬と同じ成分・同じ製法で製造された後発医薬品のことを言います。

ジェネリック医薬品は特に海外で積極的に製造されています。

日本は医療に関する保険がしっかりと完備されているので、治療にかかる費用はかなり軽減されます。

しかし、海外では日本のような医療制度がなく、治療のみならず薬の購入にも膨大なお金がかかることがあります。

そういったことを避けるためにも、ジェネリック医薬品でせめて薬だけでも安価に手に入るように、ということで海外での販売数が多いのです。

もちろん、先発医薬品と同じ効果をもたらすことが厳しい審査と度重なる実験により保証されているので、ジェネリック医薬品の安全性ともたらされる効果に関しては心配する必要はないでしょう。

ジェネリックと効果に違いは?

ジェネリックとの効果の違いを解説する医者

クラビットにもジェネリック医薬品として販売されているものとして、クラビットジェネリック、レボクイン、レボフロックスというようなものがあります。

先発医薬品とジェネリック医薬品は、成分も製法も同じだが名前や販売元が異なる、というだけで、もちろん先発医薬品に期待される効果がジェネリック医薬品に出ない、ということはありません。

しかし、ジェネリック医薬品は先発医薬品をより飲みやすくした薬、というものでもあります。先程も、1回に750㎎必要な場合が出てくる、という話をしましたが、その際には250㎎の錠剤を3錠飲む必要が出てきます。

しかし、クラビットのジェネリック医薬品には、750㎎の商品もあるので、1錠だけの服用でいいのです。効果に変わりはないので、自分の飲みやすいものを選ぶといいでしょう。

ジェネリックだと副作用は?

先発医薬品と同じ副作用を感じている男

クラビットには非常に多くの種類の副作用が発生する、という危険性がありますが、発生する確率も低く、特に注意する必要がないといっても過言ではない、という話をしましたが、ジェネリック医薬品の場合はどうでしょう。

副作用が出る確率が高まってしまったり、特異な副作用が出たり、というようなことを心配している人もいるのではないでしょうか。

しかし、効果が同じということもあり、もちろん起こりうる副作用も先発医薬品とジェネリック医薬品との間で違いはありません。

ジェネリック医薬品だから先発医薬品に劣っている、という点はなく、むしろ安価で購入できる分優れているともいえます。

通販を使ってみましょう!

クラビットを買うなら通販サイト

通販サイトで購入する

性病であるクラミジアに感染してしまった、ということを人に知られたくない、というように感じる人がほとんどだと思います。

性行為によって感染するものなので、非常にデリケートな問題ですし、感染している年代も若年層が多いこともあり、人に言いたくないからこっそり治療したい、もしかしたら知り合いに遭遇してしまう可能性もあるので出来れば病院にもクリニックにも通院したくないというような人が増えています。

そういう人には、クラミジア治療に有効なクラビットを通販サイトで購入することをオススメします。

クラビットは病院やクリニックでも処方される薬ではありますが、通販サイトでも購入することが可能なのです。

通販サイトを利用すれば、ネットで注文し、段ボールに包まれて商品が手元に届くので、もちろん身内や友人にもバレることはありません。

人の目を一切気にすることなく治療に専念することができるので、早期治療にも取りかかることができます。

そもそも、薬を通販サイトから購入する場合には、洋服や家具などを購入できる通常の通販サイトとは異なった方法を利用することになります。

その方法というのは「個人輸入」というものです。

この個人輸入とは、海外医薬品を個人で輸入することを意味します。

といっても、もちろん知識が全くない状態の人に一から海外医薬品を購入しろ、というわけではありません。

こういった手続きを全て代わりにしてくれる個人輸入代行というものがあるのです。その代行業者が運営しているサイトから購入することで、通常の通販サイトと同じような手順で商品を注文、購入することが出来るのです。

また、通販サイトを利用する場合には薬を購入する際に処方箋が必要なく、用意するのは薬代だけなので無駄な出費を避けることができます。

また、通販サイト内では他の性病に関する治療薬も取り扱っているので、知識としてどんな薬があるのか見ておくのもいいでしょう。

検査キットも一緒に購入

検査キットも一緒に購入することをオススメする医者

検査キット、というものは病院やクリニックに行かずして、自分自身で病気に感染しているかどうかを判断できるキットのことです。

クラミジアは性病の中でも特に初期症状が少ない感染症としても知られていて、感染しているという自覚症状がないせいで診察に行くというような考えすら持っていないというような人が多いのです。

クラミジアが本人で留まればいいのですが、感染症なので人から人へとうつしてしまう可能性があります。

しかも、クラミジアはかなり感染力の強い感染症なので、性行為に及んでしまえば高確率で相手にもクラミジアが感染してしまいます。

特定のパートナーがいない場合や、風俗店などに勤めている人が感染してしまうと、意図せず不特定多数の人にクラミジアを感染してしまう危険性もあるのです。

クラミジアは早期発見で被害を最小限に抑えることができる病気なので、いざという時のためにも、検査キットを常用しておくといいでしょう。

自分自身だけでなく大切なパートナーもクラミジアから守ることにも繋がります。検査キットは使用方法も簡単ですし、通販サイトから購入することができるので、不安な場合には早めに購入しておきましょう。

通販サイトの利点

通販サイトの利点を説明する医者

通販サイトを利用して薬を購入する際、あらゆる面で便利に感じることが多いはずです。

まず、通販サイトではたくさんの薬を取り扱っているので他の薬と簡単に比較することができます。ドラッグストア等で薬を探すとき、陳列棚からお目当ての商品を見つけることは決して容易ではないですし、薬の作用や効果など、パッケージには簡略化されていて本当に求めている薬に出会える可能性は低くなってしまうでしょう。しかし、通販サイトはネット環境さえ整っていれば自宅からでも簡単にサイトを見ることができるので、人目を気にせず、サイト内に記載されている情報を比較しながら薬を吟味することができます。

また、ドラッグストアでは取り扱っていないような薬も通販サイトでは販売されているので、今までは知りもしなかったようないい薬に出会える確率は高くなります。通販サイトでは日本では販売すらされていない海外医薬品を個人輸入という方法で購入することもでき、医薬品の選択肢は格段に増えます。

それだけでなく、通販サイトは全国各地どこからでも注文することが可能なこともメリットの一つです。住んでいる地域によっては、自宅の近くに多くの医薬品を取り扱っているドラッグストアがないところもあると思います。そういった人でも通販サイトを利用すれば最新の人気の医薬品が購入できるのです。

いい通販サイトを利用する

PCで通販サイトを利用する

通販サイトで医薬品を購入する際には注意すべき点もいくつかあります。

自分で利用する薬を選択する、ということで、商品の情報に関してしっかり得ておくことが重要になります。

薬を購入する際に利用する通販サイトに十分な情報が記載されているかどうか、ということも通販サイトを選ぶ基準の一つになります。

誤った情報が記載されていると、クラビットのように服用方法をしっかり守らないといけないものに関しては大変な事態を招いてしまう可能性もあります。

より多くの情報が記載されている通販サイトを選ぶようにしましょう。

また、役に立つ情報として口コミというものがあります。飲食店や美容院などを選ぶ際にも口コミを参考にする、というような人も多いでしょう。

実際に薬を利用し、どのような効果を得ることができたのか、薬による副作用は出たのか、というように薬を利用するのが初めての人にとってはかなり耳寄りな情報を得ることができます。

ほとんどの通販サイトに口コミ投稿欄があるので、目を通しておくとよりよい通販サイト選び、そしてよりよい薬選びに繋がると思います。

最近では口コミでの評価を基準にランキングをつけているようなサイトもあり、そういったものも活用するとよりよいでしょう。

悪質なサイトの見分け方

悪質なサイトで購入してしまった女性

通販サイトの中には、残念ながら詐欺まがいの行為をする悪質なサイトが存在します。通販サイトでは運営者も利用者もお互い顔を見ることがなく、ネットを介して金銭のやり取りをするので詐欺行為をするにはもってこいのシチュエーションともいえます。

近年のネット社会の発達により、悪質なサイトはかなり数を減らしていますが、その数少ない悪質なサイトにもひっかからないように、悪質なサイトの特徴というのをご紹介します。

まず、ほとんどの悪質なサイトに共通して言えるのが、料金の支払い方法が銀行振り込みしかない、という特徴があります。

優良な通販サイトの場合、銀行振り込み以外にもコンビニ支払、代引など支払い方法を選択することができます。中には商品到着後に支払う後払いが可能な通販サイトというのも存在します。

次に、問い合わせ先が明記されていない、というような特徴もあります。いいサイトはお客様に対するサポート体制がしっかりとしているので、電話番号やメールアドレス、問い合わせフォームなどがありますが、悪質なサイトには問い合わせ先がありません。記載されていてもデタラメな番号であることも多いので、不安な場合には一度試しにかけてみて、薬に関する質問等を投げかけてみるといいでしょう。通販サイトを利用する際にはこういったことにも注目しておきましょう。

通販サイトには優良なサイトと悪質なサイトを見極めるためのヒントが散りばめられています。いい薬を購入するには、いい通販サイトを利用することが最短の道でしょう。

おすすめの記事

ジスロマックのパッケージ

クラビットで治療

クラビットでクラミジアを治療する方法

性病に感染してしまった場合を解説する医者

性病に感染しても焦らない!

クラミジア、淋病など性病に感染してしまったら

抗菌薬

抗菌薬と抗生物質を知ろう!

抗菌薬と抗生物質の違い

通販サイトから薬を購入する男

万が一に備えるために

クラビットの通販方法と常備するメリット